すっかり涼しくなり、虫の鳴く夜長に詩をよむのが日課になり
常々詩人だと実感しているMitsumasaです。こんばんは

昨日金曜開催のエインで第2ウイングにいってきました。

30名+羽3

骨>インプ>ボスカエル

最初の骨でかなり時間をくわれ、、

インプのころには死者多数の地獄絵図に!

苦戦の末ボスを迎えたころには@7分に

それぞれが全力で攻撃するも時間が微妙に、、

カエルの大合唱では前衛のきなみカエルに(´▽`)


総勢10名ほどが死にクリアしたのはきっと@30秒とかでした。

危なかった。うん危なかった。

無事に土つかずの戦いが続いてはいますが、ちょっと不安が残ります。

もう少し慣れれば、突入で1分はちぢまるでしょう。

立ち位置注意すれば、(前衛 後衛の距離とk)

もう少し楽になるでしょう。

しかしその程度の変化ではたして3ウイングがしのげるのか、、

厳しいと思う今日この頃です。

こうなってくるとリーダーとして決断しなければならないことが、、

そう 火力のない前衛様には、後衛にまわってもらうという憎まれ役です。
c0203477_5255658.jpg


↑ とりあえず、こいつからでしょうかw

足がアスカルなんてダメっぷりをひた隠しにして、のうのうと戦士で参加するも

どうも元気がないようにみえる(´-`)

次回以降の働きいかんによっては、詩人とか白へ転職です。
[PR]
# by krakenclub | 2009-09-12 05:28 | 第2ウイング
画像がないと寂しかったので、ヴァナ手を入れようと試行錯誤するも

結局2時間を無駄にしたMitsumasaですorz

さて、昨日白鼬で3回目のエイン第2ウイングに行ってきました。

ナシュモで、PT編成をし現地へ向かう衛兵達に船長はハッパをかける。

さぁ出港だ!イカリを上げろ 帆を張れ 尻尾をたてろ!

しばしの航海をへて現地へ、、

あれっ、、まさか?ない?はは、、、

そう結構ありがちらしいのですが、ランプを忘れたorz

さっそく恥を忍びFifに買ってきてもらい、突入です(´▽`)

敵は、プニ>インプ>プニ>赤ドラ

途中敵がいっぱいでてんやわんやになり、1人ほど殉職するも雑魚殲滅

ここで、時計を見て、船長は語る。 よしあと11分だ!

LSメン1>>>あれ?さっき10分きったってログでたけど?

LSメン2>>>うん、あと多分9分くらいだお?

むむ?なぜ、、少し考えてみる。

はは そうか わたしクラスになると時の流れが通常よりゆるやかになっていると判断(´▽`)

仙人というのも時には考え物です。

そんなこんなであと9分と知り時間をきにしながら特攻

調べた情報だと、負の歌をスタンで止める。

敵の前方には立たない。

セミを常時3枚はる。

これだけで余裕と書いてあったのでそのまま実行

開幕より力の限りを尽くすメンバー達

ここまでのエインで死者は2回ともわたしだけだった。

こう毎回死んでしまってはわたしの沽券?にかかわる

今回は死ねない漢の戦い。

順調に赤ドラを削っていた残り1センチくらいで突然死(´-`)

あれ?全員生きてるのになんでわたしだけいきなり死んだの?

セミが3枚はれてなかった?なにか技くらった?

ええ もちろん理由などさっぱりわかりません。

ただ死んだ事実が残っただけであります。

これで参加すれば死ぬの法則が3回続き、漢の戦いは次回にもちこしでs

ただ時間ぎりぎりながらも、クリアはできたので、よしとしましょう。

次回金曜日も第2ウイング予定。ぼちぼちメンバーのジョブ、PTの固定化も

できてきました。戦いにも徐々にではあるが慣れてきました。

これなら第2ウイングまでなら、普通に事故なくいけるだろうと確信。

ただ、問題は第3ウイング以降です(´・ω・`)

現段階では五分のカケにもならないのは承知(´-`)

ここから勝率をあげていけるのは、個々の強化?戦略?それとも慣れ?

とりあえず、1度やってみないことには、なにが足りないか憶測でしか計れない。

次週3ウイングいって色々模索することにします。
[PR]
# by krakenclub | 2009-09-09 17:01 | 第2ウイング
さてさて、こんにちは自分(´-`)
想像と空想の絵をまだ白いキャンパスに書いていく。
うーん詩人であります。
 
わたしがエインヘリヤルをやろうと思ったのは意外に遅く
先月のとある休日のことでした、、

とあるフレ(Hao略)との最中わたしの口がすべった。

わたし>>エインヘリヤル興味ない?
Hao略>>おう 興味あるけどだるそうだな!
わたし>>じゃあもしわたしが立ち上げたら一緒に運営してくれる?
Hao略>>おう まかせろ オレの力をずずいとみせつけてやるぜっ!!

その言葉を頼りにわたしは2週間の日を費やしエインヘリヤルLS募集の
雑務に励みました。

そして苦労の末40名以上の勇士が集まりました。

いざエインヘリヤルへっ



あれ?Hao略がいない、、、

あれだけまかせろっていってたのにいない(´ω`)

そう むしろいいだしっぺのHao略はなんと開始の日を知らなかったのです。

さて困りました。たとえるなら、車を買ったがカギがなかった。
こんな状態でのエインヘリヤルスタートであります。

2週間ほどで下調べは入念にしました。

ただ実際やってみると頭でわかっているでは大きな違いがありました。

どの書いてある記事を見ても、第1第2ウイングは余裕 負ける気がしない等々

もちろんわたしも余裕のつもりでいました。

集合21:00 初回のため少しはやくきてくれると助かります。っというなげかけに答えてくれた
屈強なメンバー達 わたしは8時半くらいから嬉々としてエインのための知識を語ります。

そう、、穴だらけの知識を(´ω`)

おそらくメンバーのうち半数以上はこの人言ってることぐだぐだと思ったでしょう。

でもいいんです。 結果的には勝てたから(´▽`)

ただ反省と次回の課題は多々残りました。

これさえ生かせれば今回の突入は大いに価値ある第一歩のはずです。

なので自分メモのここに今の心境を赤裸々に残しておくことで初回の戒めとします。

たとえ明日地球が滅びるとも、今日君は、リンゴの木を植える
[PR]
# by krakenclub | 2009-09-07 21:36 | 第1ウイング
スペルボーン(Spellborn)